読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやとは関係ありません。

誰のブログだろう?生うどんつちや?知らんなぁ~

『わたしたちに許された特別な時間の終わり』~才能があることは人を不幸にするのか?

2014年に劇場公開されたドキュメンタリー映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』見ました。

これは、ドキュメンタリー監督であり、俳優としても活動する太田信吾が「ミュージシャンとしての成功を夢見た友人の自殺」という事実を題材に、実に7年という長い年月をかけて完成させた作品です。

 

自殺については とても難しい問題なので書きません。


僕の周りには自殺した人はいないし、ただ自殺をするすると言っている人がいたくらいで、映画でも出てくるパフォーマンスだけの人であり、本当に自殺した人がいると腹が立つとは思います。

 

先も書きましたが、自殺については僕は書けません。

ただ、自殺した彼の父親と母親が『いつか息子は自殺するかもしれない』とずっと思っていたが、それを止めることはできなかったし、その予兆には気づくことは出来なかったと話していて、それが現実なんだろなぁと思いました。

 

 

この映画は自殺について描いていると同時に、才能についても描いています。
自殺した彼は映画を見てもわかるようにいわゆる天才肌の人間で、その彼と一緒にいるもう一人の男『クランド』は対照的に才能の欠片もないような普通のおっさんなのです。(若いけど)
実際、クランドは音楽もやめて家族のために音楽もやめてサラリーマンになります。

才能のある人間、才能がないとあきらめて違う道を選ぶしかない人間、一度しかない人生どちらが幸せなんでしょうね。

 

闘う君のことを闘わない奴等が笑うだろう。

と中島みゆきの歌にありますが、私は挑戦した人間を失敗したからと、挑戦もせずに笑う人にはなりたくないですね。

 

 

期間限定で2月10日までYouTubeで見ることができます。
ぜひみてください。

lute cinema:「わたしたちに許された特別な時間の終わり」 - YouTube